エイダ ワークステーション - 公式ブログ

少しフシギなロボットのおはなし「エイダ」 

Web漫画ブログ・エイダワークステーションでは、漫画「エイダ」の連載・資料の公開・活動記録などをお届けしています!




 🍀 最新話公開中!

「第30話 WORLD ROBOT EXPOSITION Act.1 / 開催!ロボット見本市 前編 」

アメリカで開かれるロボットの見本市に参加することになったエイダたち。支社のエイダと友達になれると浮かれるアクトだったが―――。(2020.01.22更新)





 🍀 これまでのお話

(イントロダクションはこちらから)

1話12ページほどの漫画を不定期ながら連載中!一部カラーあり。(だいたい月1更新)

シーズン1(#01~#12)

ロボット研究所のテストロボットとして稼動していた少年型ロボット、アクト。ある日、解決しないバグが発生してしまった彼は、研究所所長の家に預けられることになった。(完結済)

>>S1各話一覧へ

シーズン2(#13~#25)

猪瀬家の居候生活に慣れてきたアクト。近所で起きている恐ろしい事件を耳にして以来、不安な日々を送っていた。そして、管理局員ロボットのエディと共に、事件の真相に迫る。(完結済)

>>S2各話一覧へ

シーズン3(#26~#37予定)

友だちも増え平穏に過ごしていたアクトだが、近日取り壊すことになった博物館が一夜にして謎の要塞となり、人びとを騒がせていた。不思議な声に導かれ、アクトは博物館へと向かう。(連載中)

>>S3各話一覧へ





 🍀 登場人物
 





 🍀 Twitter

エイダワークステーション公式アカウントです。フォローして最新情報を手に入れよう!





エイダって?お知らせスタッフブログイラストweb漫画登場人物資料集特別企画pixivtwitter


このサイトはリンクフリーです。
2005 2020 ACT Project Aプロ/スタジオ地球儀
PC版推奨

エイダとは? 

人とロボットの未来を考える




そう遠くない未来。

人間そっくりのロボット、アクトは、ある日突然ロボットが大嫌いな女の子、琉梨子(るりこ)の家にやってきました。
研究所で育てられてきたアクトにとって、人間の女の子と出会うのは初めて。
初めて見る青い空。外の世界は不思議なことがいっぱい。

まだまだ未熟なロボットアクトが、
たくさんの人と出会いながら成長していく物語です。




テーマソング3 

3rd シーズンテーマソング

「坂本美雨」さんが歌う「ブランク」は、
好評発売中の6thシングル「ブランク」に収録されています。


ブランク

「ブランク」

坂本美雨
2001年04月11日発売


【収録曲】
1. ブランク
2. 時雨の森
3. ブランク (Instrumental)
4. 時雨の森 (Instrumental)





エイダシーズン3は26話からスタート。長い時間が空いてしまいましたが、シリーズを発表できほっとしています。
ジオを助けるため激しく損傷してしまったアクト。意識を失い深い眠りについてしまいました。新しい体を探すところから、物語は始まります。新しいまっさらな体、空白の記憶、そんなキーワードから今回のテーマソングとして坂本美雨さんの「ブランク」を聞きながら作業させていただいております。

シーズン3のテーマは「睡眠」。シーズン1からアクトは人間の理解を深めるため、同じように寝巻を着用し、同じように布団で眠るマネをしています。そこからアクトは新たな事件に巻き込まれていきます。今後はロボットが中心となり、人間に対する思いや仲間を慈しむ気持ちを大きく取り上げ描いていきます。今まで秘められていたルリコのアクトへの気持ちなんかも表現していけたらと思います。
大切な思い出、大好きな人への気持ち、まっさらな空の形、温かいのになんだか寂しい。不思議に切なくなってしまうような優しい歌声の坂本さんの一曲です。坂本さんは私の好きな映像作品の主題歌なども手掛けており、大好きなアーティストのひとりです。

テーマソング2 

2nd シーズンテーマソング

「真空メロウ」さんが歌う「空っぽワンダー」は、
好評発売中のシングル「流行歌」に収録されています。


流行歌

「流行歌」

真空メロウ
2004年12月09日発売


【収録曲】
1. 流行歌
2. 空っぽワンダー





13話からスタートしたエイダ2ndシーズン。内容が日常生活から大きく変わり、アクトの視野が広がっていきます。それに伴い、テーマソングを一新。真空メロウさんの「空っぽワンダー」に勝手にさせていただくことにしました。

2ndシーズンに突入し、登場人物が増え、アクトだけでなくさまざまな人物の目線で物語が進んでいきます。そこには、アクトと同じ価値観の人、違う人がいて、アクトの気持ちを複雑にしていきます。
とても権力のある人、尊敬はするが、共感はできない人。世間体を気にする大人たち。そして、社会の決まり。アクトはロボットであり、人間に所有されることにより自由を手にしています。その自由の代償として自分の本当の気持ちを隠して生きていかなくてはなりません。それはこの物語の主人公だけでなく、現実の世界でもじゅうぶんに存在する事実だと思います。
しがらみの中で気づいた空っぽな気持ち。そこにはきっと大切なものが入っていたはず。忘れずに心にとどめておきたいですね。

この曲を知ったのが、発売されてからだいぶ経ってからだったのですが、なんとか手に入れることができました。近年再結成を果たし、今でも精力的に活動中です。いつか、本当にオファーできたらいいなぁ。

テーマソング1 

1st シーズンテーマソング

「YOSHII LOVINSON」さんが歌う「CALL ME」は、
好評発売中の4thシングル「CALL ME」に収録されています。


CALL ME

「CALL ME」

YOSHII LOVINSON
2005年01月13日発売


【収録曲】
1. CALL ME
2. MUDDY WATER
3. FINAL COUNTDOWN




誠に恐縮な話ですが、YOSHII LOVINSONさん(現:吉井和哉さん)の「CALL ME」をエイダのテーマソングに勝手にさせていただいています。漫画の執筆活動をする際は、いつも聞いていました。

1stシーズンは主人公アクトから見た世界を描いています。アクトは人間ではなくロボットです。
ずっと研究所で育ったアクトが見る外の世界は、とても奇妙で興味深いものです。たくさんの人間が時間通りに行動し、決められた仕事をこなしてく。その生活スタイルですら、アクトにとっては新鮮なものだったりします。
私たち人間にとって当たり前のことも、ほかの生き物から見たら変なことかもしれない。自分たちの当たり前をアクトと一緒に見つめなおしていけたらと思います。新しい発見があるかもしれませんね。

私たちの生活は決して約束されたものではないのです。何かのきっかけでそれが終わってしまったとき、後悔しないように、日々すべてのものに感謝して生きていけるような、素敵な心を持っていたいですね。
今でも大切に聞いている一枚です。機会があれば是非聞いてみてください。

アクトからのお願い(保護者の方へ) 


・このブログに掲載されている、漫画や画像、文章は他のホームページに載せたり、商業目的に使ったりしないようにお願いいたします。

・健康のため、漫画などのコンテンツを閲覧の際は、1時間ごとに30分ほどの休憩をしながら、おたのしみください。

・全年齢を対象としたブログサイトとして運営しているように見せかけていますが、一般人の同人サイトですので、小さいお子さまへの配慮はこれと言ってありません。
不快な描写が含まれることもじゅうぶんありますので、閲覧は自己責任でお願いしたします。

作品概要 


このページについて

【ページ名】

エイダ ワークステーション

【掲載形式】

ブログ

【記事内容】

オリジナルWeb漫画・イラストの掲載

【動作環境】

画像を大量に読み込めるWebブラウザ推奨
(ニンテンドー3DSでは画像が切れる場合があります)

【管理者】

ACT project(Aプロ)

* * *

漫画について

【作品タイトル】

エイダ

【作品形態】

Web漫画

【ジャンル】

サイエンス・フィクション

【テーマ】

ヒトと生きる

【カテゴリ】

児童漫画

【作者】

Aプロ

【制作協力】



* * *

Powered by FC2ブログ