エイダ ワークステーション - 公式ブログ

エイダたちのスポーツウェア 



31話で着用予定のスポーツウェア(水着)です。あくまで運動のためなので露出は低め。
見ての通りですが、セルを賭けてブランチとビーチバレーで対決します!果たしてセルの運命は―――!?
お話の投稿は2月になりますが(寒い)、お楽しみに!

逃げろ! 



エイダをご覧のみなさま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。(このイラストを描き終えたのは1月3日なので、ギリギリセーフ)
今年は子年。ネズミに扮したアクトたち。メカチーズを運んでいる最中に、エラに見つかっちゃった!捕まらないように逃げきって!

横に長いイラストなので、画像クリックで拡大できます。

アクトの新しいユニフォーム 



クロッキー帳から。物語も季節が進み、夏が終わるとロボットたちも冬の仕度を始めます。と言うわけで、アクトの冬服をデザインしました。
以前から、長袖のアクトの服は何度か描く機会がありましたが、どれも曖昧だったので、今回はラフですが指針のようなものを。
イメージカラーの空色はそのままに、黒を足して少し大人っぽいユニフォーム。サンダルからブーツになり、足元がスタイリッシュになりました。室内でも長袖、長ズボンだと、元気な主人公のイメージが崩れてしまうので、私服として着ている長Tを追加しました。
左のイラストが、主に家でのスタイルになります。少しだけ首のジッパーを下ろし、腕まくりでお手伝いがしやすいようにしました。

ざっとですが、冬服マフラーあり(外出時)、冬服マフラーなし(研究所や、友人宅など外出から屋内に入った時)、冬服オフ(自宅にいる時)の3パターンのスタイルができました。
衣装チェンジの多いこの漫画。シチュエーションによってスタイルが変わるとなると、描いてて混乱しそうです。この服装になるのはシーズン4から。どうぞお楽しみにに!

今年は家族で 



ハッピークリスマス!今年一年いろいろありましたが、漫画やイラストをたくさん描くことができました。数年ぶりにクリスマスっぽいイラスト。背景が最近サボりがちですが、漫画の方で頑張っているので許してください。


家族三人で過ごす、クリスマス。パパのためにプレゼントを用意したよ!厚手のワンピースと新ユニフォームで冬気分。

ありがとう 



約1ヶ月ぶりのお絵かきになります。リハビリがてら、2人の元気なイラストを描いてみました。
温かい陽に包まれて見上げた空に舞う花びら。今は寒い冬(11月)だけど、必ず来る春を、すでに待ちわびています。

ロボットたちのユニフォームの下ってどうなってるの? 



クロッキー帳より。本編でもあまり見られない着替えのシーン。機械の体の彼らはもちろんインナーなどは着用していません。なのでユニフォームやズボンは直穿きをしています。そもそもインナーの概念がないんですね。
ジオに限り、上下ワンピースになったボディスーツを着ています。私服、寝巻のときも脱ぐことはありません。ジーンとお揃いのスパッツかと思いきや、個性がしっかりしていますね。
この設定は昔、友人からアイデアを貰ったもので、当時の私は反対したものの、今となってはとてもおもしろい設定になったと個人的に気に入っています。

シーズン3の準備の一環なので、いずれこの設定も生かされる日が来るかもしれませんね。お楽しみに。

パジャマパーティー 



シーズン3は睡眠がテーマなので、前回に引き続きみんなの寝巻を考えてみました。アクトは本編でも着ているシーンがいくつか見られますね。私服とはまた違った雰囲気が出てるといいのですが。

ロボットの休日 



エイダたちの私服です。アクト、ジーンは本編ですでに登場していますね。いつもの作業着の色とは一味違う色を使うことで、彼らの好みが伺えると思います。

現在の段階では、ジオ、ジーンの作業着も登場していませんが、ジオのベジータみたいな衣装が個人的にお気に入りです。

みんな集まれ! 



シーズン2が終了してから約1年半、遅くなりましたが無事にシーズン3をスタートすることができました。ポスターっぽくはできませんでしたが、シーズン1・2に登場したキャラクターで集合絵を描いてみました。軽い気持ちで描き始めてみたら、意外と骨が折れました。
シーズン3では更にキャラクターが増えるので、役者が揃ったらまた挑戦しようと思います。

シーズン2お疲れさまでした。 



エイダシーズン2はだいぶ前に描き終えましたが、シーズン3の準備もあり、毎週水曜日にツイッターの方でイラストと共に宣伝をしていました。先日からシーズン3が始まったので、イラストをまとめました。13本なので、少しスキマが空いてしまいました・・・。色合いの関係で順番は不同です。

大きなイラストなので、画像クリックで拡大できます。