エイダ ワークステーション - 公式ブログ

アナログな人間 

ちょっと悲しいお知らせからです。
長い間利用させていただいていたランキングサイトが閉鎖するそうです。少しでも多くの方に漫画を読んでいただきたくて登録してたのですが、時代の流れは残酷なもので、閉鎖にあたり、作品が人の目に触れるチャンスがpixivとTwitterのみになってしまいました。
これを気に、新たにどこかのランキングとか投稿サイトに登録しようかと考えたのですが、いかんせん管理が大変で…。実は昨年はいろいろSNSを始めたりもしてみたのですが、やっぱり管理が行き届かず、結局続けられたのはツイッターのみでした。
wCRさん。使いやすいランキングサイトだったのに、とても残念です。今後、お手軽なサイトが見つかったらまた登録したいと思いますが、今はこのブログとピクシブとツイッターで活動していきます。まだまだ細々ですが、これからもよろしくお願いします。

時代の流れと言えば、最近はスマートフォンがサイト閲覧の主流になり、このブログもパソコンで見ている方が少なくなってきたんじゃないかと思います。
このブログを始めて長いのですが、画像の解像度が驚くほど進化しましたね。私自身、今の時代に合わないツールで漫画や画像を作成しているので、スマートフォンで見ると画質の粗さにがっかりしています。
始めたころは横600pxでも大きいと感じていたのに、今では1000pxくらいでちょうどよかったり。また一から解像度をあげて画像を作り直すのはちょっと面倒…。今の漫画作業でも度々フリーズすることがある我が家のパソコン。とても高解像度作成には耐えられそうにありません。
できる限りは、見やすい使いやすいページを目指していきたいですが、画像の方は見れればいいや程度のクオリティです。漫画も鉛筆だし。どこまでもアナログな人間です。すみません。

そんなこんなに伴い、スマートフォン版のページの仕様を新しくしてみました。スマホ版ではカテゴリが表示されないよう(?)なので、いちばん新しい記事にカテゴリリンクを追加しました。web漫画は性質上、見やすさが大切ですよね。スマホで見るなら立てスクロールで一気に見れる方が個人的には使いやすいです。出きるだけまとめて見れるように、話数や概要を挟んだりしているのですが、実際のところ、どうなんだろう?パソコン版はカテゴリ分けが表示にされ、それなりに見やすいページになっていますので、よかったらパソコン表示に切り替えて見てくださいね。
新年早々、新しい時代についていけないと感じ始めた中の人です。明けましておめでとうございます。


今年は暖冬らしく、穏やかな日が続くと思いきや、日々の寒暖の差に体がやられました。その上、利き腕の腱鞘炎?子供を抱っこしていたら、手首を痛めたみたいです。早めに病院行きたい。なので、腕の負担を少し減らすため今月は漫画をお休みして、のんびりイラストや4コマ漫画などを描きたいと思います。泣き止まないこともあるけれど、よく笑ってくれる子供の世話が楽しいです。初めて笑いかけてくれたときは涙が出ました。
少しずつですが、大長編に向けてプロットも始めました。5話にわたって執筆予定の大長編。シーズン3のクライマックスです。ページ配分などもあるので、33話の投稿は少し先になるかもしれませんが、しっかり練り上げて皆さまにお届けできればと思います。次回もお楽しみに!

今日はスター・バタフライのフィナーレ・サタデーを見ながら、このブログを描いています。スタバちゃん今までありがとう。ドーナツやタコスが食べたくなってくる不思議なアニメ。

〔2020/01/25〕

エイダたちのスポーツウェア 



31話で着用予定のスポーツウェア(水着)です。あくまで運動のためなので露出は低め。
見ての通りですが、セルを賭けてブランチとビーチバレーで対決します!果たしてセルの運命は―――!?
お話の投稿は2月になりますが(寒い)、お楽しみに!

逃げろ! 



エイダをご覧のみなさま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。(このイラストを描き終えたのは1月3日なので、ギリギリセーフ)
今年は子年。ネズミに扮したアクトたち。メカチーズを運んでいる最中に、エラに見つかっちゃった!捕まらないように逃げきって!

横に長いイラストなので、画像クリックで拡大できます。

アクトの新しいユニフォーム 



クロッキー帳から。物語も季節が進み、夏が終わるとロボットたちも冬の仕度を始めます。と言うわけで、アクトの冬服をデザインしました。
以前から、長袖のアクトの服は何度か描く機会がありましたが、どれも曖昧だったので、今回はラフですが指針のようなものを。
イメージカラーの空色はそのままに、黒を足して少し大人っぽいユニフォーム。サンダルからブーツになり、足元がスタイリッシュになりました。室内でも長袖、長ズボンだと、元気な主人公のイメージが崩れてしまうので、私服として着ている長Tを追加しました。
左のイラストが、主に家でのスタイルになります。少しだけ首のジッパーを下ろし、腕まくりでお手伝いがしやすいようにしました。

ざっとですが、冬服マフラーあり(外出時)、冬服マフラーなし(研究所や、友人宅など外出から屋内に入った時)、冬服オフ(自宅にいる時)の3パターンのスタイルができました。
衣装チェンジの多いこの漫画。シチュエーションによってスタイルが変わるとなると、描いてて混乱しそうです。この服装になるのはシーズン4から。どうぞお楽しみにに!

今年は家族で 



ハッピークリスマス!今年一年いろいろありましたが、漫画やイラストをたくさん描くことができました。数年ぶりにクリスマスっぽいイラスト。背景が最近サボりがちですが、漫画の方で頑張っているので許してください。


家族三人で過ごす、クリスマス。パパのためにプレゼントを用意したよ!厚手のワンピースと新ユニフォームで冬気分。

戻っていく日常 

気がつけばもう年末ですね。
出産、里帰りを終え、自宅でのワンオペ育児が始まり、1ヶ月がたちました。子供も2ヶ月目になり、来年から予防接種が始まります。
家事と育児をしながらも、なんとか自分の時間を作ることができ、先日漫画の最新話を投稿しました。元々クオリティも低いので、ブランクがどうとかはなかったですが、ペースが落ちずに描くことができ、自分でも驚いています(つまり以前からぐーたら描いていたわけで)。

落ち着いてから母子手帳を見返したら、3リットル近く出血してました。マジで死ぬところだったようです。
…。
まだ子供がたくさん寝てくれている時期なので、自分の時間を作れますが、もう少し大きくなってきたら、行政サービスやヘルプを考えていこうと思います。なので、今のところ日中は誰にも頼らずワンオペ育児。夜は夫がお風呂と家事と手伝ってくれています。義実家では両親の目もあり、あまり子供と向き合えてなかったので(唄とか声かけとか恥ずかしかったり、両親が孫を抱っこしたがったり)、自宅に戻り、思う存分お世話を楽しんでいます。好きなお料理もできるし、気分転換にもなるし、お絵描きだってできる!
2ヶ月たって子供も4kgを超え、私は6kg痩せました(妊娠前まであと2kg)。低体重で産まれたけれど、1ヶ月検診では成長曲線どまんなか。順調に大きくなっていてひと安心です。日に日に重くなる我が子。抱っこが辛いな~なんて弱音を吐いていられません。最近はよくぐずるようになってきたので、抱っこして唄ってあやしています。肘も膝も痛い痛い。でも、不思議とママも赤ちゃんの成長に合わせて体力がついていくものなんですね。今まで鉛筆よりも重いものを持ったことがなかった私も、少しずつ腕がたくましくなってきた気がします。
力持ちのお母さんになりたいです…!
最近では喃語を聞くことも。でもまだ、顔を見て話しているわけではないので、コミュニケーションがとれるのはずっと先。早くあやすとニコニコ笑う姿が見たいです。
そうそう、妊娠中に作ったスタイが大活躍しています(フォロワーさんに教えてもらって助かりました!)。物凄く吐き戻しが多く、泣いては吐き、うんちをしては吐き、ご機嫌な時も吐きます。(ミルクは100~120mlなのでこの時期の子としては普通?)
窒息だけしなければいいのかなー?なんて、服やシーツの取り替えに追われていますが、悩みすぎずのんびりやってます。

自覚はありますが、私の育児がかなりズボラなせいなのか、保健師が2週に1度我が家に様子を見に来てくれています。知り合いも頼れる人もなく、子供の昼寝の合間に机にかじりついて執筆している私が変に見えるのか、泣いてもミルクはあげるな、母乳やめろ、オムツは濡れたらすぐ替えろ、夜は独りで赤ちゃんの世話をしろ、縦抱きはよくない、3食喰えと、めちゃ指導されます。毎回、児相に連絡すること強く進められるので帰ったあとは少しへこみます…。

それから、心配なのが産後の肥だち。1ヶ月ほどで悪露が終わるらしいのですが、じつはまだ鮮血が続いているんですよね。病院にも行きましたが、「こんなもんです」と言われました。ホルモンが不安定なせいで出血しているようです。ネットや本には1ヶ月たってもおさまってなかったら病院へ!って書いてあるのに。検索しまくっちゃいましたよ。
一応お医者さまに問題なしと言われたので、気長におさまるのを待ちたいと思います。まあ貧血もないので、大丈夫なんだろうと。

まだ漫画の投稿ペースは不安定なので、次の投稿は未定ですが、本編も残り半分を切りました。物語も収束に向けて動き出しています。終わるのは寂しいけど、最後まで心を込めて描いていこうと思います。
今回(#29)のお話、パロディ回だったのですが、読み手に伝わっているのか謎で、投稿したあともなんだかソワソワしています。
SFつながりで、星新一作品をモチーフにお話を描きました。カフェは登場しないのですが、主人公たちが入れるお店と言うことで、カフェを兼営している設定になりました。ロボットが入れるお店といえば、『イヴの時間』というアニメもそんなお店が舞台で、様々なロボットたちが集っていましたね。時たまマニアックなパロディをいれつつ自由に描いています。
ロボットと人との少しフシギな家族を描きつつ、笑いあり、涙あり、ちょっぴり冒険ありで、お手ごろなSF居候漫画だそうです(フォロワーさん談)。来年もよろしくおねがいします。

〔2019/12/16〕

ありがとう 



約1ヶ月ぶりのお絵かきになります。リハビリがてら、2人の元気なイラストを描いてみました。
温かい陽に包まれて見上げた空に舞う花びら。今は寒い冬(11月)だけど、必ず来る春を、すでに待ちわびています。

ただいま! 

こんにちは。最近はすっかり寒くなり、冬らしくなってまいりました。体調も落ち着いてきたので、久しぶりに近況報告です。

10月半ばに第一子を出産し、今は母子で主人の実家にお世話になっています。
1年近く続いた不妊治療、体外受精、ようやく授かった新しい命。これから、母親として大きく成長していくんだ!と心に決め、出産の日まで臨んだわけですが。
入院の日。前置胎盤になので、今回は帝王切開での出産です。代わる代わる医師が病室を訪れ、手術の説明。事前に説明書やパンフレットで大まかな流れは理解しているものの、やっぱり怖い。
痛くないって言われても、やっぱり怖い。

前日から入院し、夕飯も普通に食べ、朝食はなしで、朝イチで手術着に着替え、点滴をして手術室へ。前日、当日と主人が付き添いで来てくれていたけれど、いざ、別れて独りで台に上がると緊張がマックスに。ぼんやりと流れる平沢進氏の「石の庭」を聞きながら、医師の指示でいざ麻酔。
これが痛すぎた。痛すぎてパニックになりました。
あとで、同室の先輩ママさんに聞いたのですが、幻痛ってやつで、なにもしていないのに、痛みが全身を襲い、痛い!痛い!と私は過呼吸に。

「奥さん、パニックになってるから、全身麻酔に切り替えますね」
「はい、赤ちゃん出てきましたよ」
「思ったより出血多くてね…」
控え室で待っている主人の元に、担当医が何度も来て状況を説明してくれていたそうです。
急きょ全身麻酔での分娩で、産声とか出産の感動とかはありませんでした。(産声はしっかりとあげていたそうです)気がついたら病室の天井で、喉はガラガラ、寝返りもうてないほどの痛み。呼吸器、心電図、血圧計、点滴、輸血、カテーテルとフルコースで主人が言うには、顔面蒼白で死んだようだったそうです。
前日から自己血は採っていたものの足りず、日赤の輸血を受けました。
2時間おきの寝返りナースコールと、点滴の交換で時間もわからないまま、一夜を過ごしました。
次の日の夜には起き上がることができ、ようやく赤ちゃんと対面でき、流動食も食べられました。
術後2日目にはトイレにも行け、カテーテルも外れ、鉄剤の点滴は繋がれているものの、大分人間らしい生活に。痛み止めをガンガン使っていたので、痛みはあまり感じず。ピルを使った生理の時の方が痛かったくらいです。
赤ちゃんは2500g以下ではあったものの元気で、予定通り、一緒に退院することができました。抜拘でもまたパニックになりましたが、よくここまで回復したと看護師さんから驚かれる中での退院でした。

無事に子供が生まれ、自分も生きて帰ってこれた。今こうして、すやすや眠る我が子の隣で、文章を打っていても、果たしてこれは立派なお産だったのだろうかと、自問自答してしまいます。
とにかくビビりで、どうしようもない自分が情けなくて、痛みも感動も乗り越えられなかった自分が、親になってもいいのかと。
担当医からは全身麻酔でよかったと言われました。確かに、痛かったし嬉しい気持ちもある、でもなんか違うような…。胎動が辛くて、37週で妊娠も切り上げちゃった。立派なお産てなんだろう??

義実家でお世話になること1週間がたちましたが、なんだか精神的に疲れます…。(義妹さんも里帰りをしたそうですが、2週間が限界だったと言う話を聞いて、変な笑いが出てしまいました)
赤ちゃんのお世話は、毎日成長が見れて嬉しかったりで、楽しく子育てしていますが、お絵描きや食事が自分のタイミングでできる自宅の方が絶対精神衛生的にはいい気がします!それに、主人がそばにいてくれる方が、頑張れる!
というわけで、体調が戻り次第、自宅に帰る予定です。なので、執筆再開は少し早くなるかもしれません。
これから本格的に寒くなるので、不用意な外出は控え、体調管理にもいっそう気を付けて参ります。

ツイッターでのお祝いのコメントありがとうございました。こんなに小さな命の誕生を、たくさんの方に祝福されたことを、いつか我が子に話したいと思います。
このブログを読んでくださっている方もありがとうございます。妊娠前から、誕生まで無事に記録をつけられて本当によかったです。

〔 2019/11/05 〕



貧血で鉄分補強用の産科食。ゼリーふたつ、ヨーグルト、バナナと半分が甘いもので心が折れそうでした。

出産までの長い道 10月(最終回) 

早いもので予定日まで、残り1か月となりました。臨月に入りお腹もとても大きくなり、自分のおへそも見えないくらいです。

タイトル通りこれで『出産』までの記録はおしまいです。来るXデーまで、漫画の活動はお休みしてゆったりとした姿勢でできることをしたいと思います。実をいうと、もうすでに机に向かうとお腹が使えてしまい、思うように描けなくなってしまいました。椅子に姿勢よく座ると胎動が強くなり、赤ちゃんが苦しそうで…。夜もうまく寝れなくて、別室の座椅子で寝ることもあります。
ますます強くなってきた胎動は、赤ちゃんが眠ってる(?)時以外は常に感じて、今手を動かした!今寝返りを打った!と、何をしているのかおおよそわかるほどです。痛いときもあるけれどそれももうすぐ終わるとなると、愛おしく感じるものです。

出産スタイルが帝王切開で決定となりました。前置胎盤なので、縦に切るそうです。まだ時間があるとはいえ、痛いのかな~と、ふと怖くなる瞬間があるけれど、無排卵からの先の見えない不妊治療の方が断然きつかった!って思えます。
またダメだったねって先生に苦笑いされたり、看護師さんに変にフォローされたり、毎日の痛い注射に比べたら、祝福されて迎える出産だもの。きっと幸せな気持ちでいっぱいのはず。
それに、産後の楽しみを主人と計画中しており、つらい入院生活や育児を乗り切ろうと二人で頑張っています。生まれたら実家に帰る予定なので、3か月ほど単身赴任生活になってしまうのが寂しくてなりません。

先日の検診(35週)のお話。採尿もノールックでできるほど。体重が2週間で0.5kgも増えていて、この時期の増加はまずいんじゃ…と内心焦っていましたが、エコー検査で赤ちゃんの体重が前回から300g近く増えていることがわかりました!自分が太ったわけじゃなくてほっとしていますが、最近ほんとうに甘いものがやめられなくてどうしようもないです。
両親学級の後、甘いものが我慢できなくなった私は、主人にお願いして回転寿司屋さんに行きました。ケーキやアイスをたらふく食べた後、食後にカフェオレを注文したところ、なんと機械の故障のようで注文できず。主人も残念だねーと苦笑いして帰りました。
ところが、3日前、主人が休みなので、入院グッズなどを買い出しに隣町へ出かけた時のことです。帰りに甘いものでも食べようと、クレープ屋さんに立ち寄りました。二人でアイス入りのスペシャルクレープを注文したところ、鉄板が急に動かなくなったと返金されてしまいました。先に推してもらっちゃったスタンプカードのみを握りしめ、帰りの電車越しにお店を見ると、すでにシャッターが降りていました。
こ、これは赤ちゃんが、食べるなと言っているのかもしれない…!
そんなことを夫婦で話し合っていました。これがいわゆる妊娠中の不思議な体験ってやつなのか、私たちの身の回りで起きた出来事でした。
そう言えば、自己血を取るときも、血が固まらないように袋を動かす機械が止まってしまい、看護師さんが苦笑いしながら手動で袋を動かしてたなあ…。機械トラブルと縁があるのかわが子よ。手術は無事何事もなく終わりますように…!

今のところ、妊娠前と比べると5㎏ほど増えているだけなので、新しい病院の方では指導は特にありません。産後苦しくなるのが嫌なので暴食は避けていますが、このままの増加スピードで出産を迎えられたらと思います。

自己血も600ml取ったけど、もしもの時は母体を最優先でお願いしました。筋腫も取れそうなものがあれば取ると…。手術の日は、主人も朝からいてくれるそうなので、頑張って乗り越えたいと思います。
無事に戻ってこれたら、またこちらで報告いたします。それまでしばしのお別れですが、漫画などを読み返して時間をつぶしていただけたらと思います。では、また!


〔 2019/10/11 〕

ロボットたちのユニフォームの下ってどうなってるの? 



クロッキー帳より。本編でもあまり見られない着替えのシーン。機械の体の彼らはもちろんインナーなどは着用していません。なのでユニフォームやズボンは直穿きをしています。そもそもインナーの概念がないんですね。
ジオに限り、上下ワンピースになったボディスーツを着ています。私服、寝巻のときも脱ぐことはありません。ジーンとお揃いのスパッツかと思いきや、個性がしっかりしていますね。
この設定は昔、友人からアイデアを貰ったもので、当時の私は反対したものの、今となってはとてもおもしろい設定になったと個人的に気に入っています。

シーズン3の準備の一環なので、いずれこの設定も生かされる日が来るかもしれませんね。お楽しみに。